inserted by FC2 system <meta name=”keywords” content=”,巨乳,レイプ,sex,おまんこ,おっぱい,強姦,輪姦,凌辱 ,ロリ,ペド,," > 輪姦陵辱レイプ輪姦強姦 第1話 
TOPに戻る

第1話 

「どうです?先輩」

ガロンがヘラヘラとした声で俺を呼ぶ


「ああ」

俺はガロンに返事をする
ずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷ

「うわ 凄い匂いですね」

ガロンは顔をしかめる

「まぁな」


俺は気絶した白い髪に白い瞳の少年7歳のハクを正常位で犯しながら言う

一晩中
行為を行ったせいか
ハクは身体中を全て
俺の精液で真っ白に染まり
気を失いながらも恍惚の表情を浮かべている

俺は全身精液まみれのハクの腰を掴み
容赦無く正常位でつく


あたりには薬と 行為の匂いが混じり合って醸し出していた

「あひゅう♡らーずひゃまぁ♡」

全身精液でベトベトのハクの腰を掴み
腰を振りまくる
俺は最後の一射精をするためラストスパートをかける

じゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷ
じゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽ




「うみゅうううううう♡
ひぎいいいいいいいいい♡♡♡らーずひゃまっ♡らーずひゃまぁああああああああああ♡♡♡
んひゃああああああああ♡ハクのおまんこをこわ⋯こわさないでくだしゃいいいいい♡♡♡」

幼児は懇願するが
このおまんこの前に引き下がることなどできない
俺は容赦無く幼児のぷにぷにおまんこを破壊することにした


じゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷ
じゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷ


俺が腰を振ると
ハクの幼い幼児おまんこが俺のちんぽをきゅうきゅうと締め付ける
何十回も出したのに
ハクの中は変わらず俺のものを子ども特有の高い体温のどろどろに蕩けるねちょねちょの膣壁でぎゅっとねっとりと包み込む
くっ
今日一番の締め付けがくる


俺のちんぽが根元まできゅうきゅうのとろとろ蕩けるあったか幼児おまんこによって包み込まれる
とろとろヴァギナが俺のものを食いちぎるかのように
ぎちぎちに食らいつく
その感触はまさに天使を犯しているかのようだ

どろどろに染まった膣道がめりめりと万力のように締まる
目の前では顔も髪も胸も腹に腕も足も
俺の精液で汚され真っ白に染まった天使が
白い髪の天使が白目を剥いてアヘ顔で俺を呼ぶ
こんな小さな子供のどこにこんな力があるのか

白目を剥いた白髪の天使はあったかい幼児のぷにぷにまんこで潰すかのように容赦無く俺のちんぽを締め付ける

きゅううううううううううううううううう

「うっ くそっ 」

引きちぎられるような痛みとドロドロの灼熱の快楽が同時に俺のチンポを壊しにかかる
それに負けじと俺は締め付けるおまんこを破壊するため全力で腰を振る
「うきゃあああああああ♡」
白目を剥き泡を吹く白い天使ハクの
大天使ぷにぷにエンジェル万力がさらに締まる
痛いくらいに締め付けられた俺は
ぷにぷにエンジェルおまんこを破壊しながら
全力で腰を振り
ぷにぷに天使のまろやか子宮に滾る灼熱ザーメンをぶちまけるしかなかった

じゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷ
じゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷ
「あはぁ♡♡」
天使が笑う
つられて俺も笑う

じゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅっぷ
「うぁおおおおおおおおおおおおッ!!!!」

柄にもなく叫ぶ俺

「ああっ 出るぅッ 出るぅ!!」

情けない声が出る
大人の威厳もこの大天使の健やかエンジェルおまんこの前には無意味だ
ぷにぷに天使の中に俺の罪深き灼熱の欲望が放たれる
しかし天使はぷにぷにおまんこのエンジェル子宮で俺の罪を受け止めてくれる

びゅるるるるるっ

くっ
くううううう 気持ちいいッ

「んひゃああああああああ♡♡♡」


きゅううううううううううううう♡


ハクの優しいおまんこが俺の射精を感じ取り
搾り取ろうと
さらに締め付ける

じゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽ
じゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽ
じゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽ

びゅっびゅるっびゅるるるるる

天使の子宮に俺の先端からほとばしる灼熱のザーメンが
一気に注がれた

「あきゅううううううううううううう♡♡♡♡♡」

じゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽ
じゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽ

子宮で喜ぶ白い幼児
幼い子宮を使って俺のチンポから灼熱のザーメンを搾り取る
全身で歓喜を現すハク

じゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽ
じゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽ じゅぽじゅぽじゅぽ
じゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽ
じゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽじゅぽ

びゅるっつびゅるるっ びゅるっびゅるるるるるるっ
びゅるっつびゅるるっ びゅるっびゅるるるるるるっ
びゅるっつびゅるるっ びゅるっびゅるるるるるるっ

「はぁ はぁ はぁ」



気持ちよかった

何十回目だと言うのに
大量の精液をハクの中に出してしまった

「んきゅうううう♡♡らーずちゃまぁの赤ちゃんのもときたぁああ♡♡♡」

ハクが俺の精液をおまんこで優しく飲み込み
淫靡に笑った
にこやかな幼児の笑顔 とてもかわいい



俺はあったかおまんこの中をゆっくりと味わいながら
天使に優しくキスをする

「ん♡ちゅ♡」

虚ろな目でハクが口づけをかえす



「よし」



俺はハクの頭を撫でて
ちんぽを引き抜き
立ち上がった

「準備はもういいのか?」

「ええ いいですよ
しかしあの後ずっとハクちゃんとやってたんですか?」

ガロンが俺に聞く
少し引いているようだ

「まぁな」


「へえ 凄いですねー まぁ先輩が大丈夫なら別にいいですけど」

ガロンは感心したように言う


「俺は大丈夫だ 」


俺はガロンに答える

すると後ろから
透き通るような声が聞こえてきた

「うわ 臭いなぁ
何ですかこれ?」

高いソプラノ調の声
長い桃色の長髪をポニーテールにまとめている
出てきたものは男の格好をしている

現れたのは
14歳ほどの少年だった

少年は全裸で
ちんぽから精液を垂らす俺を見つめる

そして奥にいる全身真っ白に染まりおまんこから俺の子種を垂れ流し
アヘ顔で気絶しているハクを見つめる

「不潔な人たちだなぁ」

桃色のポニーテールの少年は
俺を見て眉をしかめ嫌そうに言う


「すまんかった」

俺は謝る

「とりあえず風呂に入ってくださいよ」

少年が言う

「そうしよう」

俺は答える

「お前名前は?」

俺は少年の名をたずねる
キリッとした瞳で俺に名乗る

「アーシュです よろしくお願いします ラーズさん」
クールに自分を紹介する
ほう なよなよとした外見だがなかなか男のようだ
アーシュか


「件の助っ人です
今日はこの三人でルイアル市に行きます
それじゃあ先輩たちが風呂に入ったら行きましょうか」

ガロンが言う
こうしてルイアル市に向かうメンバーが集結した
sage

TOPに戻る
巨乳,レイプ,sex,異世界転生,ファンタジー,sf,転生したら,おまんこ,おっぱい,強姦,輪姦,凌辱 ,WEB漫画,エロ漫画,レイプ,凌辱,輪姦,ロリ,ペド,幼女,二穴責め,二穴,おまんこ,ロリレイプ,二穴,エロ,強姦,幼女,幼児,性奴隷,肉便器幼児を激しく陵辱 ロリ二穴陵辱 輪姦陵辱ロリレイプ アナル陵辱 アナル ロリレイプ 肉便器 性奴隷 二穴陵辱肉便器 輪姦陵辱 二穴陵辱 ロリレイプ 強姦 幼女 幼児二穴陵辱 拡張陵辱 アナル 孕ませ 中出し陵辱 妊娠陵辱 二穴レイプ 孕ませ 二穴責め 陵辱 ロリレイプ 幼女輪姦二穴陵辱剣士輪姦二穴陵辱ロリレイプ神官幼女輪姦 ロリレイプ 二穴陵辱猫娘 輪姦二穴陵辱 田舎ロリレイプ輪姦二穴陵辱エルフ幼女輪姦二穴陵辱輪姦陵辱 二穴陵辱 ロリSEX sex レイプ 強姦 幼女 ロリ 幼稚園児 小学生レイプ 貧乳 ロリペタ 無乳 巨乳 爆乳 ボーイッシュ強姦 男装 二穴責め 輪姦凌辱 二穴責め 絶対着床!苗床凌辱 幼女 ロリ 腹ボコ 陵辱妊娠 レイプ 出産凌辱 出産二穴輪姦凌辱 出産二穴凌辱 レイプ 二穴責め 輪姦凌辱 男装 強姦SEX inserted by FC2 system