inserted by FC2 system <meta name=”keywords” content=”,エロ漫画,レイプ,凌辱,輪姦,ロリ,乱交,巨乳,レイプ,sex,強姦,幼女,幼児,異世界転生,ファンタジー,sf,転生したら,おまんこ,おっぱい,強姦,輪姦,凌辱 ,WEB漫画,,ペド,幼女,二穴責め,二穴,バトル,ロリレイプ,二穴,エロ,性奴隷,肉便器," > 輪姦陵辱レイプ輪姦強姦 第1話 
TOPに戻る

第1話 

びゅるっつびゅるるっ

びゅるるるるっ

うああ

出てる

出てる

ラーズさんのたくましいおちんぽから

ガロンさんの鬼ちんぽから

ボクの奥で

一番奥で

ぎとぎとの熱々の精液が

ザーメンが

びゅるびゅると

ボクのおまんこと尻穴が

飲み込んでいく

飲み込んでいく

熱くて

痛くて

苦しい

でも

あったかい

二人のおちんぽから出るザーメンがボクの奥を満たしていく

ボクの奥がザーメンで溢れているのが分かる


「あはああ♡」

ボクは思わず笑ってしまう

「ほかほかのザーメン⋯
いっぱいだぁ♡
痛くてあったかいなぁ⋯
ラーズさん⋯
ボクの中で気持ちよくなってくれてますか?」

「ああ 最高だよ アーシュ」

ラーズさんは言う

そしてまた腰を振り始める

おちんぽがボクの中を入って 出て
また入って 出る

突かれるたびに
ボクのおまんこは無理やりこじ開けられ
奥の奥にちんぽがねじ込まれる
子宮に当たっているのがわかる

二人の
激しい腰振りと共に
ボクの中は杭を出し入れされていく

おまんこは裂け血まみれ 精液まみれで血の泡立っていて
おちんぽが出入りするとぶくぶくとする
血と精液と愛液が溢れる
焼けるように痛い

熱いし
とても痛い

でもなんだかおまんこがピリピリしているんだ
おちんぽが奥に行くと

びくんってなってしまう

奥に行って
引き下がると

またびくんって

激しく出入りすると
ピンクの電流が走るように
痛むんだ

痛いけど
気持ちいい
これは一体なんなんだろう

「あははは
凄いよ
凄いよぉ〜♡
痛くて熱くて赤くて白いのに
死にそうなはずなのに

容赦なく壊されてるのに
痛いのに気持ちいいんです
芯が痺れるみたいだ
ラーズさん なんですか
これぇ〜?」

ボクは思わずラーズさんに聞く
ラーズさんは相変わらずボクの中を激しく入ったり出たりを繰り返す

「さあな」

ラーズさんは汗だらけのままボクの中を出入りする
一生懸命ボクの中を出入りするラーズさん
ふふ
かわいいなぁ

「俺はお前がどうなろうが関係ない
お前の中に出すだけだ」

ラーズさんはそう言って
一気に腰振りのスピードを上げる

なんだか
とても痛いけど
凄く気持ちよくなってきた

「ああああ
きてる♡

きてるよぉお〜♡♡
凄いよ♡
気持ちいい♡
おちんぽがアーシュの中で
踊ってるみたいだ
痛いのに気持ちいいんだ♡

おまんこが
おちんぽを
求めてるんだ

気持ちいいですよぉ〜♡」

ボクは言う

犯されているのに
無理やりされるのが嫌だったのに
あそこからは愛液が溢れて
おちんぽを掴んで離さない

あははは♡
ボクってえっちな子だったんだ♡

ガロンさんも下からケツ穴を容赦無く
蹂躙している
ケツ穴からも腸液が溢れて
ねとねとになっているのがわかる
何度もケツ穴の奥を突いて
ボクのケツ穴の匂いが染み付いて
凄いことになっているけどガロンさんも満足そうだ
下から容赦無くボクの腸の奥を突いてくる

ラーズさんのたくましいおちんぽが更に速さを増す

ボクのおまんこはぐちゃぐちゃになりながら
ラーズさんのおちんぽを締め付けている

ずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷ
ずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷ
ずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷ
ずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷ
ずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷ
ずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷずっぷ

あははは♡♡

凄い♡
裂けて血が溢れて痛いのに
奥を突かれるたびに
快感が走る

二人に凌辱されているのに

気⋯気持ちいい♡

ボクは犯されて感じる変態だったんだ

「痛いのに気持ちいよぉ〜
おまんこもお尻の穴も壊れてるのに
気持ちいいんですぅ〜
あはははははは♡」

ボクは笑う

「いくぞアーシュ!」

ラーズさんが言う

「ああッ♡ラーズさぁんッ♡」

じゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽ

腰振りが早まっていく
ボクの中でおっきなたくましいおちんちんが
おまんこと尻穴を
出入りして出入りして

血と精液と愛液が溢れて
泡立って
赤と白と黄色い液体が膣と尻穴から
たくさん溢れて

裂けて 血まみれで 奥までいれられて
痛くて苦しくて
死にそうなのに
気持ちいいんだ

「ボクは犯されるのが好きな変態なんですぅ♡
アーシュの中にいっぱい出してくださぁいッ♡♡」

ボクは笑う

ラーズさんも笑う

ラーズさんはボクの腰をガッチリと両手で掴み
屈強なおちんぽでボクのおまんこを突きまくる


じゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽじゅっぽ

ああッツ♡
凄いツ♡
気持ちいいッツ♡
おまんこもお尻の穴も蕩けてるッ
おちんぽが出入りすると
頭が真っ白に


快感が体を支配する

「うあっ
うあああ〜♡♡」

ボクは耐えきれず
叫ぶ

「いくぞアーシュ」

ラーズさんが言う

ああまた来るんだ
ボクの肉壁が痙攣して引き締まっていく
ラーズさんのおちんぽも更に硬く
太く
熱くなっていく



そしてまたボクの一番奥にあったかいものが注がれた
sage

TOPに戻る
inserted by FC2 system