inserted by FC2 system <meta name=”keywords” content=”,エロ漫画,レイプ,凌辱,輪姦,ロリ,乱交,巨乳,レイプ,sex,強姦,幼女,幼児,異世界転生,ファンタジー,sf,転生したら,おまんこ,おっぱい,強姦,輪姦,凌辱 ,WEB漫画,,ペド,幼女,二穴責め,二穴,バトル,ロリレイプ,二穴,エロ,性奴隷,肉便器," > 幼女ロリペド乱交 輪姦陵辱レイプ輪姦強姦 SEX 第1話 
TOPに戻る

第1話 


帽子を被った黒髪の少年の奥に大量の精液をお見舞いする

7歳の黒髪の少年は ショタまんこで俺の陰茎をぎゅっと締め付け
ほとばしる精液を一番奥で受けとめた

「あつい⋯あついよぉ」

7歳黒髪の少年が呟く
俺は少年の締め付けを味わいながら腰を振り
最奥に精液を注ぐ

「ああっ」

少年が震えながら俺を抱きしめる

ゆっくりと陰茎を引き抜く
少年おまんこが愛おしそうに俺の陰茎を締め付けるが
俺はゆっくりと陰茎いた

「ううっ」

7歳黒髪の少年はおまんこから多量の精液を垂れ流す
血も混じったそれはとても淫靡だ

俺は少年の唇を奪い 舌を入れて舐め回し
少年の舌を舐り 堪能して口を離した

「あとで可愛がってやる。
シルキィと言ったか?
妹の乱れる姿を眺めとけ」

俺はそう言って黒髪の少年から離れ
銀髪の盲目の幼女 4歳の歳児シルキィの元に向かう

ガロンは銀髪の4歳盲目幼女の腰を振り全力で腰を振っている

「うきゃああああ あっあっあ」

銀髪の盲目の幼女は目をつぶったままガロンの腰振りを耐えている

「お姉ちゃああん ルギスお姉ちゃああああん」

シルキィは涙を流しながら黒髪の少年の名を呼ぶ

「あー 気持ちいい 最高ですよ」

ガロンは銀髪盲目4歳児の膣内を堪能しながら言う

「ガロン シルキィをこっちにも向けろ」

俺はガロンに言う

「はいはい」

ガロンは寝そべり
銀髪の盲目の4歳の幼女シルキィを上にする

4歳の幼いシルキィは騎乗位の格好でガロンの腰振りを受ける

「うぎぃいい」

パンパンパンパン

4歳のシルキィは短い銀髪を振り乱し
下から猛烈に突くガロンに合わせて上下に動く

騎乗位で突かれることで膣奥を突かれるシルキィはビクンビクンと痙攣する
それに合わせてガロンの表情は恍惚に染まる
ガロンの腰振りが加速する

「あぁ 出る 出るよ シルキィちゃん!
うぉお締まる!
いい!いいぞシルキィちゃん
もっと!もっと締め付けるんだ! ああ出る!出るぞおお!」

ガロンがシルキィを突く速度をあげる
シルキィの4歳膣穴は破瓜の血で赤く染まりながらも
ガロンの肉棒を懸命に
さらに強力に締め上げた

「んぎゅうううううう!????」

どぴゅどぴゅ どくっ
どくんどくんどくんどくんどくん

銀髪盲目4歳の一番奥でガロンの巨大陰茎から多量の精液が放出される

「んがほっ あぎゅううう!??」

銀髪盲目4歳児は普段は閉じている目を見開き
膣奥にどんどん放出される精液を
4歳児のろりまんこを引き締めながら受け入れる

それに釣られてガロンの剛直はさらに硬くなり
銀髪盲目の奥へと進み 幼女の腹は剛直で満たされて
更に大きくなる

4歳児は目を見開き
幼いおまんこの中で大量に出される精液を痙攣しながら受けとめた

「よし」

俺は間髪入れずにそのまま銀髪盲目の 幼い
未使用のアナルをこじ開け
一気にほかほかの腸の奥へと進む

「あぎゅううううううう!??お尻 お尻がぁああああああ???」

銀髪盲目4歳児は 幼い膣でガロンの剛直を受け入れたまま
アナルに俺の陰茎を咥え込み
未熟な二つの穴を同時に貫通した痛みで絶叫する

そのまま抽送を開始し
銀髪盲目4歳児の ケツアナを突き進み
幼女の腸を満たすものを亀頭で押し込んで 腸壁をこじ開けた
俺の亀頭が柔らかなもので満たされた

「いだいよぉおおおおお」

俺とガロンは子鹿のような幼児の二穴を
遠慮なくピストンし滾る情熱を
幼児の奥にぶちまけた
sage

TOPに戻る
inserted by FC2 system