inserted by FC2 system <meta name=”keywords” content=”,エロ漫画,レイプ,凌辱,輪姦,ロリ,乱交,巨乳,レイプ,sex,強姦,幼女,幼児,少女,,肉便器少年誌,ジャンプ系,少年漫画," > レイプ輪姦陵辱強姦レイプロリ幼女ペド二穴セックス レイプ二穴責め レイプ輪姦陵辱強姦レイプロリ幼女ペド二穴 ザーメン レイプ輪姦陵辱強姦レイプロリ幼女ペド二穴セックス幼女 小学生 ロリレイプアナルセックス 強姦 セックス輪姦陵辱強姦レイプ二穴幼女ロリレイプ 盗賊による 輪姦陵辱強姦レイプ 第1話 
TOPに戻る
次のページ
幼児を膝の上に乗せ
胸を揉む

「うぎゅ⋯⋯」

幼児は放心状態のままだが乳首への刺激に反応し
体をくねらせた

右手は幼児のクリトリスを摘み
コリコリと擦り上げる

「ひぐうううう」

幼児は顔を歪め

大粒の涙を流しながら
甘美な刺激に耐え
体を震わせる

俺はそのまま後ろから幼児の顔を引き寄せ
口づけをする

幼児は目を見開き
瞳を潤ませながら
俺の口づけを受け入れた

幼児の口内に舌を入れ
舐め回す
幼さを感じさせる乳臭い味がした
幼児も饗宴による熱さから
水が欲しいのか
自ら俺の唾液を求める


「ん⋯⋯ちゅ⋯⋯」

俺は左手で乳首を摘み上下に擦り
右手でクリトリスを弾いて
後ろから幼児に口づけをした

幼児も破れた股の痛みから逃避するためか
積極的に俺の愛撫を求める
刺激に耐えかねて体をよじらせる幼児に俺は丹念に愛撫を続けた

幼児の血まみれの膣からどろりとした粘液が
溢れていることを確認する
それは幼児の分泌した膣液だった
俺は幼児の膣唇に陰茎に擦りつけ
血が混じった粘液でたっぷりと濡らす
俺は幼児を膝に乗せる
そして幼児の尻穴に陰茎を押し当て
ゆっくりと挿入した

「ひぐうううううう」

幼児は汗まみれの腕で俺の肩に抱きついた
俺はじっくりと挿入を続ける

一気に捻じ込んでもいいのだが
二本挿しで酷使した
幼い肉体をこれ以上乱暴に使う気にはなれなかった
実は俺は紳士だったのだ


壊れやすい玩具だからな⋯⋯
俺は後ろから幼児にピストンを始め幼児の乳首とクリトリスを撫でながら
ゆっくりと腰を上下に動かす
背面座位の格好で
幼児の尻穴を犯した

「あう⋯⋯お⋯おしりぃいい⋯
おちんちんが入ったぁ⋯⋯」

幼児は体を震わせながら大げさに叫んだ


俺は幼児に後ろから無理やり口づけをし腰をゆっくりと優しく振る
幼児の尻穴を突き進むと硬いものを感じたが
それを無視して
俺は亀頭をさらに奥へと進ませる
幼児の尻穴は俺の陰茎を離さないとでもいうかのように
締め付ける

俺は熱い襞を掻き分け
尻の奥へと突き進んだ

俺は汗まみれの幼児の体を抱きしめる

同時に幼児の乳首とクリトリスを丹念に弄り
口づけを交わす
幼児の乳臭い口の中へ唾液を送る

「ん⋯⋯うちゅ⋯⋯」

幼児は汗まみれの顔から涙を流し
顔を紅潮させながら俺の唾液を求める
俺は幼児と舌を絡ませ
ゆっくりと腰を上下に動かした

「お前⋯⋯名は?」

「う⋯⋯ハク⋯⋯」

「ハクか⋯⋯」

俺はハクの湿った白い髪を撫でながら
口づけを交わす

「うちゅ⋯⋯ん⋯⋯」

ハクの中性的な顔を見つめる
少年のようにも見えなくもない
白い瞳が凛々しさを感じさせた


「いい名だ⋯お前に合った⋯⋯
良い名だ⋯⋯」

俺はハクのクリトリスを指で挟み
力を込めながら擦った

「ハク⋯⋯痛いか⋯⋯?」

俺は出来るだけ優しく尋ねる

「いぎ⋯⋯う⋯⋯うん⋯⋯」

ハクは答える
吐息は熱を帯びている


「まだまだ痛くするぞ⋯我慢しろよ⋯」

俺はハクにそう囁く
夜はまだ始まったばかりだ



sage
次のページ
TOPに戻る
幼児を激しく陵辱 ロリ二穴陵辱 輪姦陵辱ロリレイプ アナル陵辱 アナル ロリレイプ 肉便器 性奴隷 二穴陵辱肉便器 輪姦陵辱 二穴陵辱 ロリレイプ 強姦 幼女 幼児二穴陵辱 拡張陵辱 アナル 孕ませ 中出し陵辱 妊娠陵辱 二穴レイプ 孕ませ 二穴責め 陵辱 ロリレイプ 幼女輪姦二穴陵辱剣士輪姦二穴陵辱ロリレイプ神官幼女輪姦 ロリレイプ 二穴陵辱猫娘 輪姦二穴陵辱 田舎ロリレイプ輪姦二穴陵辱エルフ幼女輪姦二穴陵辱輪姦陵辱 二穴陵辱 ロリSEX sex レイプ 強姦 幼女 ロリ 幼稚園児 小学生レイプ 貧乳 ロリペタ 無乳 巨乳 爆乳 ボーイッシュ強姦 男装 二穴責め 輪姦凌辱 二穴責め 絶対着床!苗床凌辱 幼女 ロリ 腹ボコ 陵辱妊娠 レイプ 出産凌辱 出産二穴輪姦凌辱 出産二穴凌辱 レイプ 二穴責め 輪姦凌辱 男装 強姦SEX inserted by FC2 system