<meta name=”keywords” content=”巨乳,レイプ,異世界転生,ファンタジー,sf,sex,おまんこ,おっぱい,強姦,輪姦,凌辱 ,WEB漫画,ウェブ漫画,無料まんが,エロ漫画,レイプ,凌辱,輪姦,ロリ,ペド,幼女,二穴責め,二穴,おまんこ,ロリレイプ,二穴, /> オークによるロリペド 幼女輪姦陵辱強姦SEXレイプ 
TOPに戻る
次のページ

第1話 

みちみちみちみちッ

ぐちょっ ベキベキベキベキ

ブシュッ

「うああ…はあ…あげぇっ……」

本来なら入るはずのない
明らかに許容量を超えたモノが

赤毛の幼児の体内を陵辱し 突き破る

「なはあ……あえっ……おびゃああぁ…」

「酷い面だ…」

赤毛の幼児…ロナは

自身の毛も生えていない
未熟な膣穴を剛直な肉棒に破壊され

その顔を絶望に歪ませていた
体をガクガクを揺らし
白目を向き 大粒の涙を流し
口からは泡を吹き涎を垂れ流す
ロナは失神していた


間抜けな顔だ…
痛みで不細工に歪んでいる……

だが…こんな顔をしていても
幼い肉襞は俺の陰茎の侵入を拒もうと必死で締めつける


ギリギリ……


うう……なんて締まりだ…

柔らかな肉襞に包まれ快感が走る


ふんっ!!

俺は万力のよう締めつける膣を陵辱強姦し破壊すべく
力を込めて腰を突き上げた

べりべりべりべり
メリメリ……
ブシュっ
ロナの膣が広げられる
俺の陰茎は膣を抉じ開け亀頭は子宮を陵辱し奥の奥にたっぷりと捻じ込まれた

そして腰を上下に振る

「おぎゃああああ!??」
幼女の股から血が吹き出る

「んぎゃああぁああ??!!ひあっあえええ!??」

ロナは絶叫するが
俺は構わずに腰を振る
ズップズップズップ
ジュポジュポジュポ
7歳の股ぐらから淫靡な水音が漏れた

「あー…あー……おえぇ……なはぁ……あぁ……」

「痛いか?」

震えるロナ
コクリとうなづく

俺はロナの痛みを和らげるべく
左手でロナの服をまくし上げ
小さな桃色のクリトリスを摘まんだ

それを優しく愛撫する
「あひゅっ……んぁあ……」

ロナの表情が少し柔いだ

俺は腰を振りながらロナに口づけをする

「ちゅ……んみゅ……」

ロナも痛みから逃げるために俺の口に貪りつく

あぁ……いいぞ……
俺は腰を突き出げロナの子宮を陵辱し突き破る
陰茎から熱いものが昇るのを感じた
そろそろナカに出そうだ……

「ひっく……ひく……ロナぁ……ごめんねぇ……」

……うるさいな……
この娘……キリと言ったか……



俺はキリを部下にやることにした
「お前達……そいつと遊んでやれ」

俺は部下たちに命令を下す

「へっへ……いいんすか?兄貴……
このガキの処女を貰っちまっても」

「おでマチクタビレタ……」

ゼギルとギュアネスがイボイボのイチモツを揺らしながら答える

「ああ……姉はお前たち二人で散らせ」

ゼギルとギュアネスに命じる

「ウヒャヒャ!流石ランズの兄貴!
鬼畜だぜ!」
「ぶひはははは!!やっていい?壊してもいい?」

「え……?」
キリは何を命じられたかよくわかっていないようだ

二人の豪傑は姉 キリの元へ向かう

「そんなわけでお姉ちゃんは俺たちの相手だ。
げひひひ楽しくやろうぜぇ?」

ゼギルが卑しく笑う

「ひいい!!」

「オイオイ妹ちゃんがこんな面しながら頑張ってるんだ…
お姉ちゃんも負けてらんねえだろ?」

「ひい……嫌!嫌ぁ!!」
逃げようと暴れるキリ

ゼギルはキリの黄色いポニーテールを掴み引き寄せる

「お姉ちゃんのちょっといいとこ見てみたい〜」

「嫌だ!!助けて!!」

「いでっ!?」

「ははっゼギルカッコ悪い!」

「るせっ」
姉は喚きながら暴れる
闇雲に放った蹴りがゼギルの顔面に直撃した

「つう…こりゃお仕置きがいるな」

幼き姉は屈強な男の前になす術を持たなかった

「嫌だ!嫌だあああああああ!???」

無力な姉の絶叫が鳴り響いた
次のページ
TOPに戻る
inserted by FC2 system